賃貸物件でもルール遵守を

賃貸物件は、共用部分の掃除等を持ち回りでする必要がないのがメリットの1つです。その代わりに共益費を払っている、という事実はありますが、分譲マンションに比べて煩わしい負担がほとんどありません。しかし見知らぬ者同士が一つの建物の中に集まっている集合住宅ですので、好き勝手をすることは許されません。時には妥協しつつ、皆が安心して暮らせるようマナーを守ることが大切です。 例えばゴミの出し方ですが、分譲マンションに比べてマナーが悪い傾向があります。ゴミ置場も含めて自分たちの資産、という意識が分譲マンションの住人にはありますが、賃貸物件の住人にはそのような意識がありません。いずれは家を買うので、仮住まいと考えている人も少なくないでしょう。しかしだからといって、マナーを守らないことが許されるわけではありません。ゴミ置場の清掃や、本来出してはいけない粗大ごみ等の処分は、管理会社が行うことになります。 あまりにマナーが悪いと、共益費が上がることになります。他の人の迷惑にもなりますので、ゴミ出しの曜日、出せるゴミの種類等ルールを守るようにしましょう。 またほとんどが集合住宅である賃貸住宅では、ある程度の騒音は我慢しなければなりません。こちらも非常識な時間に音を立てないようにしましょう。

Copyright ©All rights reserved.住みたい賃貸物件が予算オーバーだったら.