賃貸物件の賃貸借契約の注意点

賃貸物件に入居する際は、必ず契約をします。不動産に関する契約には法律で様々な規定が設けられており、賃貸契約もその1つです。契約書に双方が署名捺印すれば、賃貸契約が締結されたことになりますが、内容もろくに確認せずに署名してはいけません。署名捺印すれば、その内容に合意したことになります。納得できない部分、不明な箇所があれば必ず質問をし、解決してから署名するようにしてください。 契約日に契約書の内容をすべて読むことは時間的に困難です。できれば事前に契約書を持ち帰って内容をじっくりと確認するようにしましょう。それが無理でも、当日流し読みをするのではなく、重要な箇所は見落とさないようにしなければなりません。 重要な項目がいくつかありますが、禁止事項もその一つです。ここには、その賃貸物件で禁止されている内容が書かれています。ペットの飼育、ピアノ演奏などがそれにあたります。ペットを飼いたければペットを飼育できる賃貸物件を探さなければなりません。 また家賃の支払い方法も契約書には必ず書かれています。毎月いついつまでに、振込というものがほとんどです。賃料は通常前払いですので、翌月の分を前の月の末までに支払う、というものが一般的です。

Copyright ©All rights reserved.住みたい賃貸物件が予算オーバーだったら.